医者

不治の病から治る病へ

相談

かつては不治の病と言われていたリウマチですが、医学の進歩により新薬が開発され、治る病へとなってきています。治療の柱は薬物治療とリハビリテーションが主体であり、そのためには専門の医師と十分な医療設備がある世田谷などのエリアでの治療が適しています。

もっと読む

脱腸の治療と予防

腰痛

鼠径ヘルニアは、加齢が主な原因ですが運動不足も大きく影響しているので日頃から適度に運動を行って筋肉を付けることが大事です。手術は、その症状に合わせて行われるので早めに内科または外科を受診するようにします。

もっと読む

心と体を治療する病院

医者と看護師

たくさんの人が住んでいる横浜市都筑区でも、ストレス社会の中で心の問題を抱える人が増えています。内科と心療内科を両方標榜している病院では、臨床心理士による心理相談にも応じて、丁寧なカウンセリングとアドバイスで心と体のサポートを行っています。

もっと読む

高齢での入院の主要因

改善方法を知っておくことで骨粗鬆症の予防を行なうことができるようになるでしょう。詳細はこちらになっています。

今後の発症確率予測

老夫婦

高齢になると体内における様々な機能低下に伴い、病気を発症する確率が高まります。その中でも、それまでの生活習慣によって下地が整った結果、発症しやすくなると考えられている症状の1つに挙げられるのが骨粗鬆症です。これは高齢以前までの生活習慣も合わさって、高齢になってから骨の組織の密度が低下した結果、骨折しやすくなった状態を指した症状です。もともと骨組織は18歳前後をピークに密度が減少する傾向を持つ組織ですが、それに栄養偏重や運動不足などの生活習慣要因が絡む事で、より発症確率が上がると言われています。特に近年では、骨粗鬆症による寝たきりや入院のケースは増加傾向にあると見られています。また今後も、運動習慣が少なくなりやすい生活環境の変化などに伴い、発症する確率が高まる事が予測されているため、予防策が不可欠となっています。骨粗鬆症を予防する為にも、定期的に健康診断を行ない、骨密度計測を心がけましょう。

日頃の主な対策

そもそも骨組織は日々の代謝活動によって、古い組織から新しい組織へ常に入れ替わっています。これが代謝に必要な栄養の不足や、高齢化に伴うホルモン減少などが起きると、代謝が悪くなって骨が脆くなりやすい状態に繋がります。したがって骨粗鬆症の予防には、こうした栄養不足改善やホルモン面での対応が求められます。特に日頃から可能な予防策となるのが栄養補給です。補給すべき栄養素は主にカルシウムとビタミンDになります。カルシウムは骨の原料となる主な成分で、ビタミンDはカルシウムの吸収を手助けする成分として知られています。カルシウムは乳製品や豆類、魚や海藻類などが多く含むため、自分に合った製品で意識的に補給する必要があります。また脂溶性のビタミンDは、かつおやアンコウなどの脂肪に富んだ魚の肉や肝臓、卵やキノコ類などに含まれる事が知られています。また適度な日光浴による体内合成も行われる成分となっています。そして骨粗鬆症予防に不可欠なもう1つの対策が、適度な運動です。運動による刺激は骨の代謝機構を活発化させる事が分かっているためです。栄養指導や運動指導は、医療機関で受けることも可能です。何から始めて良いかわからない時には、一度医療機関の健康相談窓口にコンタクトを取ってみるのも良いでしょう。